ようこそFXラボへ。

逆張りをしないことについて。

2017.08.17

逆張りをしないことについて。 はコメントを受け付けていません。

明らかに買う要素しかない時は買う、明らかに売られる要素しかないときには売ることをやれば、為替で負けることはない。なのに、自分の思い込みで、これ以上は買われないだろうとか、これ以上は売られないだろうと判断し、逆張りをかまして為替で大きく負けてしまう人が後を絶たない。この現実があるので、FXでむやみやたらに逆張りをするべきではないなと感じます。今回は逆張りをしないということをテーマにして、ブログを書いていきますね。

逆張りをしない選択はあり。

基本的に為替は一方通行にしか動かないので、為替が買われている時に買う、為替が売られているときに売るということを実行すれば、それなりの利益を得られます。このような現実があるので、為替で大儲けしたいのではなく、そこそこお金を儲けたい人は順張りオンリーでトレードをするのもあり。自分の場合は、相場で儲けるよりも、相場で生き残ることを第一にしているので、リスクの高い逆張りをすることはありません。

逆張りをしないと決めるメリット。

1.順張りは常に相場の流れに乗ってトレードをするので、大損することがない。

FXはポジる方向性さえ間違えなければ、どんなポジションでも助かります。この事実があるので、相場の流れに逆らわずに順張りしておけば、大損することはほとんどありません。

2.順張りに徹すれば、トレンド相場で爆益。

順張りに徹しておけば、一方通行に大きく動くトレンド相場で半端ないほどの利益を得られます。ただ、順張りせずに、逆張りをしてしまうと、トレンド相場に対応できず、半端ないほどの損益をだしてしまいます。

3.含み損を抱える機会が少なくなる。

順張りは流れに乗るだけなので、含み損を抱える機会がすくない。それに対して、逆張りは、流れに反してポジションを取るので、必ずと行っていいほど、含み損を抱えます。当然のことですが、含み損を抱えるということは気持ちがいいものではありません。

4.逆張り癖がつかなくなる。

逆張り癖がつくと、買えば勝てる相場で買おうとせずに、相場が上がりきったところで売ろうとします。これに関して自分が思うのは、買えば儲かるとわかっている場所で買わないのは明らかに機会損失なので、素直に買えばいいのに。

5.逆張りはレンジ相場でしか勝てない。

順張りはどんな相場でも対応でき、利益を出すことが可能。それに対し、逆張りはレンジ相場でしか利益を出すことができない。この事実があるので、どんな相場でも利益を出したい人は順張りに徹するべき。

6.トレード回数が減ることで、トレードで発生するストレスを減らすことができる。

順張りも逆張りの両方をやってしまうと、トレード回数が増えてしまい、トレードで発生するストレスが増大します。当然、ストレスが増えれば、冷静な判断ができなくなり、ミストレードも増えてきます。ミストレードを減らすという意味も込めて、トレード手法は一つに固定しましょう。

7.逆張りトレーダーで相場で生き残っている人はわずか。

値ごろ感で逆張りしているトレーダーは変化の激しい相場に対応することができず、一度のトレードミスで相場から退場してしみます。このような事実があるので、値ごろ感で逆張りすることだけは辞めましょう。もし、値ごろ感でトレードをして、含み損を抱えてしまったら、含み損が10PIPSほどのときに損切りしていこう。

8.天井ロング、底ショートをしないですむ。

逆張りは為替レートが大きく下がった時に買ったり、為替レートが上がりきった時に売るので、天井ロングや底ショートをしないですむ。このメリットがあるので、逆張りをすることがやめられないトレーダーが多いという現実があります。

逆張りをしないデメリット

1.レンジ相場で、逆張りをすると勝率100%。

レンジ相場は一定の為替レートを行き来してくれるので、適当に逆張りしても100%の確率で利益がでます。そのため、今日はレンジ相場だなと感じたら、逆張りを思い切って実行しよう。ここで気をつけることは、少しでも自分と思い描く動きと違う動きを為替がしたら、速攻で逆張りポジションを損切りしよう。

2.逆張りで大底や天井を取れれば、300PIPS以上の利益を叩き出すこともできる。

長期視点で、逆張りをして大底や天井を取って、スイングトレードをすれば、300PIPS以上の利益を叩き出すことができるので、大きく儲けたいという人は逆張りをしよう。ここで気をつけることは、逆張りは基本的に含み損を抱えるトレードなので、含み損でロスカットにならないように、レバレッジを下げてトレードをしよう。

3.逆張りをいつもしていると、どこが底になるか見えてくる。

毎回逆張りトレードをしていると、逆張りの相場観みたいなものがついてきて、どこが底なのか?わかるようになる。この逆張りの相場観を身につけるまでにかかる時間は、逆張りトレードを始めてから一年程。

4.相場は順張りしても勝てないときがあるので、時には逆張りでポジを取る必要がある。

為替がありえない動きをすると、順張りで勝てないという現実があります。そんなときに、アホになって逆張りをすると、逆張りで、予想を絶するほどの利益を得ることができます。

自分が逆張りをしないと決めるまで

自分も負け組トレーダー同様、トレンド相場時に逆張りをしてしまい、凄まじい額の金を短時間で失うことを何度も繰り返していました。逆張りトレードで退場して絶望に打ちひしがれているときに、いつも退場するときは逆張りだなあ、ああそうか退場しないようにするには逆張りなんて辞めて、順張りすればいいのかということに気づいたのです。順張りすればいいのかときづいてからは、逆張りしたいときも逆張りをするのを我慢して、順張りトレードに徹するようにしました。その結果、順張りで多くの利益を上げることに成功し、逆張りトレードで大きく損することもなくなり、毎月トレードを+で終えることができるようになりました。

自分が利用しているFX会社

口座開設はこちらから→DMM FX

口座開設はこちらから→GMOクリック証券

口座開設はこちらから→外為ジャパン

関連記事

スポンサーリンク




プライバシーポリシー

サイト内容の無断転載厳禁

内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。

 

アクセス解析について

このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。

Googleポリシーと規約
今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。

これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません

Adsense

『FXラボ』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

 

Amazonアフィリエイト

『FXラボ』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

免責事項

このブログは外国為替証拠金取引(FX)の取引情報を提供するのが目的で、FXを推奨するものではありません。FXは元本が保証されないリスクのある投資です。このブログを読んでFXに興味が出た方は、FXのリスクを理解した上でご自身の判断でなさるようにお願いいたします。また、このブログの情報による損失や情報の正確性等において著者は責任を負いかねますのでご了承願います。