ようこそFXラボへ。

ユーロ円のスプレッドが0.5の時代に突入。

2017.08.04

ユーロ円のスプレッドが0.5の時代に突入。 はコメントを受け付けていません。

国内スプレッド最狭業者と言われているDMMFX、外為ジャパン、GMOクリック証券のユーロ円のスプレッドが0.5に。まさかユーロ円のスプレッドがに0.5なる時代がくるなんて誰も予想していなかっただろうに。正直な話、スプレッドが2PIPS空いているとスキャやるのも命がけだけど、スプが0.5しか空いていないとお菓子をたべる感覚でスキャルピングを行うことができる。ただ、スプレッドが狭いからといって、秒速スキャルピングを繰り返して、利益を出すと、FXの口座を凍結されてしまうので、注意が必要です。

ユーロ円のスプレッドが0.5固定ではない。

経済指標発表時や朝の時間になるとスプレッドが一気に開き、ユーロ円スプレッドが0.5を超えてしまうこともよくある。これがあるので、FXトレードでポジションを取る前はスプレッドが開いていないかをきちんとチェックしておくべきだろう。自分も、スプレッドを見ないでユーロ円をポジってしまい、マイナス6PIPSくらったことがある。その失敗をしてからはトレード前に、どれだけスプレッドが開いているかをチェックしている。

スプレッドが狭いからといって、簡単に利益を出すことができるとは思ってはいけない。

スプレッドが狭くても、ポジションを取る方向性を誤ると自分の想像を大きく上回る大損をぶっこいてしまいます。この事実があるので、トレードをするときは常に順張りを意識し、むやみやたらに逆張りのポジションをとらないようにしよう。もし、逆張りを適当にしてしまったら、10PIPSの含み損をかかえたところで損切りしましょう。そして、損切りをシた後は、精神を落ち着かせる意味も込めて、トレードを辞めて外に散歩しに行こう。トレードで失敗した後に、外で散歩していると、トレードで損した金を取り戻さなければいけないという思いが消えて、冷静なメンタルを取戻すことができます。

スプレッドが狭いだけではなく、すべりがすくないかということも大事。

ほとんどの人がスプレッドが狭いことだけに、目がいきがちだが、滑りなく、自分のポジションをとることができるFX業者を選択することが大事。滑りにくさだけで言えば海外口座の「約定率100%」の信頼度【XEMarkets】が有名です。海外口座はスプレッドが広い代わりに、滑りが少ない+0カットシステム+ハイレバレッジトレードができるという3つのメリットが存在します。当たり前のことですが、0カットシステムがあるだけで、追証のリスクの怯える必要がなくなりますし。ハイレバレッジトレードがあれば、少ないお金で何十枚ものポジションをとれます。

スプレッドが狭くないほうが一度一度のトレードに真剣になれる。

スプレッドが広いとポジるだけで凄まじい損益なので、絶対に負けられないという思いから、ポジションを取るときに慎重になります。当然のことですが、自分が考え抜いてとったポジションがクソポジになる確率は低くなり、トレードで大損をぶっくこともすくなくなります。このようなメリットが存在するので、スプレッドが広いというのが、一概にデメリットとはいえません。ただ、分単位で、トレードを繰り返すスキャラーからしたら、スプレッドが広いのは百害あって一理なしですけどね。

ユーロ円スプレッド0.5の外為ジャパンってどうなの?

外為ジャパンは滑りがすくなく、スプレッドも狭く、最高のFX業者ですが、チャートの質がいまいちなので、チャートは外為ジャパン以外のものを利用するようにしましょう。スプレッドが狭いだけで最初から+数PIPSの利益を最初からもらっているようなものなので、外為ジャパンのような口座でトレードすることは最初から大きなアドバンテージをもらっているようなものです。ただ、スプレッドが狭いと、簡単に利益を上げられてしまうことをいいことにトレードが雑になってしまうので、常に2PIPSのスプレッドを支払っている感覚でポジションを取るようにしていきましょう。常に大きなリスクを背負っていると思えば、常に慎重な気持ちを持ってトレードをすることができます。

公式サイト→FXなら外為ジャパン

ユーロ円スプレッドが0.5のDMMFXってどうなの?

DMMFXは、ポジションは一ロット以上が当たり前になっているFX業者なので、ある程度の資金をFXトレードに利用していと思っている人に愛用されいています。この業者の素晴らしさは、DMMプレミアムチャートのクオリティーが最強、スプレッドが国内最狭、トレード画面が見やすい、入金と出金がとてもスムーズ、ラインでのサポート対応をしている、キャンペーンも頻繁に行っているというところ。これら7つが揃っているトレード業者はなかなかないので、DMMFXはかなりクオリティーが高いFX業者と言える。自分はマゾ的な部分があるので、戒めの意味も込めて、あえてスプレッドが広い業者を使うことがあります。まあ、そのときの気分で利用する口座を変えます。

公式サイト→DMM FX

ユーロ円スプレッド0.5のGMOクリック証券ってどうなの?

GMOクリック証券は低スプレッドで滑りなしなことが評価されており、多くのFXトレーダーがメイン口座として利用している。自分もがGMOを使う理由は、GMOのトレードアプリが使いやすい+GMOのトレード画面がシンプル+取引コストであるスプレットが低いの3つがそろっているから。こんな当たり前の要素が揃っていないFX業者はごろごろあるので、業者選びはしっかりとしていかなければいけないのだ。

GMOクリック証券が特に素晴らしいなと感じるのは、トレードアイランドというサイトで、他のトレーダーと自分の成績を競うことができるところ。トレードアイランドで、他のトレーダーと自分の成績を競いあうことで、あのトレーダーには負けたくないという気持ちが生まれ、トレードに対するモチベーションがあがり、FXに関する勉強を本気でするようになります。

公式サイト→GMOクリック証券

スポンサーリンク



最後に

スプレッド縮小祭りですね。

関連記事

スポンサーリンク




プライバシーポリシー

サイト内容の無断転載厳禁

内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。

 

アクセス解析について

このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。

Googleポリシーと規約
今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。

これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません

Adsense

『FXラボ』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

 

Amazonアフィリエイト

『FXラボ』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

免責事項

このブログは外国為替証拠金取引(FX)の取引情報を提供するのが目的で、FXを推奨するものではありません。FXは元本が保証されないリスクのある投資です。このブログを読んでFXに興味が出た方は、FXのリスクを理解した上でご自身の判断でなさるようにお願いいたします。また、このブログの情報による損失や情報の正確性等において著者は責任を負いかねますのでご了承願います。