ようこそFXラボへ。

レバレッジ25倍について

2017.09.17

レバレッジ25倍について はコメントを受け付けていません。

レバレッジ25倍でのFXトレードは-300PIPSほどでロスカットになってしまうので、トレードが下手くそな内はレバレッジ5~10倍の間でFXトレードをしていきましょう。こういうのはとても簡単ですが、レバレッジ5倍では全然金が儲からないことに嫌気が指して、レバレッジ25倍~400倍でトレードをしたくなるんですよね。

レバレッジ25倍はハイレバレッジ400倍でトレードしている人からしたら超低レバレッジですが、普通の感覚だと、レバレッジ25倍はたった500PIPS逆行しただけで資金が0になってしまうので、レバレッジ上げすぎなんじゃねと思えてしまう。この普通の感覚を持ってトレードをすることで、常に低レバレッジでのトレードを行うようになるので、一度のトレードミスで大きな損益を被ることもなくなる。

一番理想なのは、勝てると思ったところではレバレッジ25でトレードを行い、勝てないと思ったところではレバレッジを5倍~10倍にまで落としてやることだよね。勝てるところでも、レバレッジ25倍でトレードをすることによって、トレード負けてもそれなりの損益に抑えることができる。今回はレバレッジ25倍について書いていきます。

レバレッジ25倍の規制について。

レバレッジ25倍の規制のおかげで、多くの初心者トレーダーが自分の資金をすべて失うという最悪な事態にあわずにすんでいる。その一方、レバレッジ25倍規制のせいで、資金が少ないトレーダーが小資金でハイレバレッジトレードを行えなくなり、小資金を大金に増やすことができなくなってしまった。まあ、ハイレバレッジトレードで連戦連勝をして、自己資金を億に増やせる人なんてほとんどおらず、大抵の人はハイレバレッジトレードに失敗して資金を0にするだけなので、レバレッジ25倍規制はあったほうがいいと自分は思っています。

日本のFX業者がレバレッジ400倍を取り入れたら恐ろしいことになる。

日本のFX業者が0カットシステムがない状態で、レバレッジ400倍を取り入れたら、追証で借金をしまくる人が大発生してしまうので、日本のFXで業者では一生ハイレバレッジでのトレードをすることはできないでしょうね。ただ、0カットシステムが搭載されている口座を使って、ハイレバレッジで低額資金トレードを行えば、損するする金額も限定できるので、皆が思っているほど、ハイレバって危険じゃないんですよね。しかも、ハイレバレッジトレードができる海外口座は0カットシステムが搭載されているので、追証の恐怖に怯える必要がない。
スポンサーリンク



レバレッジ25倍でトレードをするメリットについて。

1.レバレッジ25倍でのトレードに成功すれば、それなりのお金を得ることができる。

レバレッジ25倍のトレードで100PIPS抜くことできれば、自分の資産の5分の1のお金を得られるということになる。少額資金のうちは資産5分の1なんて大したことないっすわーと思うけど、トレード資金が1000万超えてくる当たりから資産5分の1でも200万の利益になるので、資産5分の1でも半端ない利益になってしまうわけです。

2.損切りをきちんと行っていけば、レバレッジ25倍のトレードで大金を失うことがない。

損切りラインに到達したらキチンと損切りをしていくということを実行すれば、レバレッジ25倍トレードで大金を失うことはありません。こう口でいうのは簡単ですが、トレード中に損したくないという気持ちが強くなってしまって、損切りラインで損切りを実行できず、大きな損益を被ってしまうんですよねー。

3.利益額がそこそこなので、トレードで大勝後、一喜一憂しないですむ。

レバレッジ25倍で大勝しても、利益額がそこそこなので、大きく喜ばずに済み、トレード大勝後も落ち着いたメンタルでトレードをすることができる。トレードで大勝後に一喜一憂してしまうと、再度儲けてやろうと言う気持ちが生まれ、ポジションを取るべきではない場所でポジってしまい、大損をぶっこいてしまうので、注意が必要です。

4.損益を抑えられるので、メンタルが落ち込まない。

レバレッジ25倍でのトレードでは、トレード失敗時の損益額を小さく抑えられるので、損したときにめちゃくちゃ落ち込むという事態を防止することができ、トレード大敗後も通常のメンタルでトレードをすることができる。

5.レバレッジ25倍国内FXの口座開設をするだけで、現金がもらえる

ハピタス経由で、国内のレバレッジ25倍のFX口座を開設すると、1万円~二万円の現金をゲットすることができます。最近では、FXの口座開設だけでは現金を受け取ることができなくなり、FX口座開設+10万円以上の入金+1ロット以上のトレードの3つの条件を満たさないと現金を受け取ることができなくなっています。

6.トレード回数に応じて、現金をくれるレバレッジ25倍業者が多数存在する。

レバレッジ25倍の業者でも、海外業者のように、トレード回数に応じて、現金をくれる業者が存在します。ただ、海外FX業者よりは、キャッシュバック金額が少ないので、たったこれっぽっちの金額キャッシュバックされてもなあと思わざる得ないですね。

7.入金出金がスムーズ。

レバレッジ25倍の国内FX業者は入金トラブルもないし、出金トラブルもないので、安心してFX口座にお金を入金することができます。それに対して、FX海外口座は入金出金トラブルが多いので、海外FX口座に安心してお金を入金することができません。

8.スプレッドが狭い。

レバレッジ25倍の国内FX業者はトレード毎に支払う手数料であるスプレッドが狭いので、FXトレードで利益を出すのが容易であるが、国内業者はレバレッジが狭い代わりに追証ありというでデメリットが存在している。

レバレッジ25倍でトレードをするデメリットについて。

1.資金がなかなか増えない。

レバレッジ25倍でトレードする場合は、資金5万円でドル円1枚しかポジることができないので、なかなか資金が増えない。それに対して、レバレッジ400倍でトレードする場合は、資金5万円でドル円20枚ポジることができるので、短期間で資金を増やすことができる。

2.レバレッジ25倍の国内FX口座は0カットシステムが搭載されていない。

レバレッジ25倍の国内FX口座は、0カットシステムが搭載されていないので、大きな為替変動時にロスカットシステムが発動せず、トレード資金がマイナスになり、追証が発生してしまいます。このような最悪事態も見越して、追証を喰らいたくない人は0カットシステムが搭載されているFX海外口座でトレードをしよう。

3.レバレッジ25倍の国内FX口座は経済指標発表時にスプレッドが開く。

レバレッジ400倍の海外FX口座は、経済指標発表時にスプレッドが開きにくいので、指標スキャルピングが仕放題というメリットが存在する。それに対して、レバレッジ25倍の国内FX口座は経済指標発表時にスプレッドが開くことがあるので、指標スキャルピングができないときがある。まあ、国内FX口座は普段のスプレッドが狭いから、指標時にスプレッドが開くのくらいは許しましょう。

4.CFDが取引できない

海外業者は為替とCFDを一つの口座で取引できて便利ですが、国内FX業者は為替とCFDの取引口座が別れていて不便。ただ、CFDは為替以上にリスクがでかい商品なので、CFD商品を取引しないほうが良い。

最後に、

相場は自分の思い通りにはならない。と感じたらレバレッジ25倍の口座でFXでトレードをするようになる。

自分が利用しているFX会社

第一位 DMM FX

このサイト経由でDMMFXの口座を開設すると最大20000円のキャッシュバックを受け取ることができます。
DMM.com証券(DMMFX)は世界最狭水準のスプレッドのFX会社です。
私自身、一番良く使用しているFX口座はDMMFXです。このDMMFXのプレミアムチャートを使用してトレードをするようになってからFXトレードで圧倒的な利益を出すことに成功しました。

口座開設はこちらから→DMM FX

第2位 GMOクリック証券

GMOクリック証券は、世界最狭スプレッド+GMOクリック証券口座開設で最大30000円のキャッシュバック+スマホトレードアプリが使い安いの3つが魅力のFX会社です。

口座開設はこちらから→GMOクリック証券

第3位 外為ジャパン

外為ジャパンは、世界最狭スプレッド+外為ジャパンの口座開設で最大20000円のキャッシュバック+プレミアムチャートの質が高いの3つが魅力のFX会社です。

口座開設はこちらから→外為ジャパン

関連記事

スポンサーリンク




プライバシーポリシー

サイト内容の無断転載厳禁

内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。

 

アクセス解析について

このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。

Googleポリシーと規約
今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。

これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません

Adsense

『FXラボ』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

 

Amazonアフィリエイト

『FXラボ』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

免責事項

このブログは外国為替証拠金取引(FX)の取引情報を提供するのが目的で、FXを推奨するものではありません。FXは元本が保証されないリスクのある投資です。このブログを読んでFXに興味が出た方は、FXのリスクを理解した上でご自身の判断でなさるようにお願いいたします。また、このブログの情報による損失や情報の正確性等において著者は責任を負いかねますのでご了承願います。