ようこそFXラボへ。

ポジポジ病対策について。

2017.08.01

ポジポジ病対策について。 はコメントを受け付けていません。

FX初心者の内はお金をとにかくたくさん儲けたいという思いが強いので、FX初心者のほとんどがポジポジ病状態です。そのポジポジ病状態になっている初心者は、ポジりたいという気持ちをおさえられず、何の理由もなくポジションを取りまくります。ポジりまくって、相場で運良く勝てればいいのですが、ポジりまくって相場で運よくかてないことが多いので、ポジポジ病は厄介なのです。

自分も、何の根拠もないところで、適当にポジってしまい、数百PIPSの含み損を抱えてしまうことを連発していましたが、何度もトレードで損しているうちに、きちんと損益が少ない内に損切りをしなければいけないと思うことができ、損切りする習慣をつけることに成功できました。何事もそうですが、自分でOOしなければいけないという決意を持つことはとても大事なことです。

損切りする習慣をつけても、突然の変動で、半端ない損益を被ることがあるので、FXでポジションを取ることはお金を失う可能性があることと常に頭の中にいれておきましょう。常に損すると思っていれば、損切りをするようになるし、ポジションを取るときにも慎重になるしいいことづくめなのです。

ポジポジ病は、FXで大きな損を被って痛い目に合えば、おのずと治るものなので、そこまで治そうと躍起になる必要はありません。ってことで、今回はポジポジ病とはなんぞやということについて書いていきます。

ポジポジ病の詳細。

金を儲けて、とっと億万長者に成りたいと思っている人が、億万長者になるには、FXでポジションを取りまくって連戦連勝するしかないと思い、毎日何十回もポジションを取ってしまうことです。当然のことですが、トレードの回数が多いということは損する回数が増えるということなので、損切りができなければ、大きな損を連発して速攻で相場から退場してしまいます。そうならないためにも、一日のトレード回数をいっきに減らしていき、勝てる場所でだけポジションを取るようにしていこう。

ユーチューブやニコニコ動画などのFX動画では、ポジポジ病で大きな損をだしている人が多くいます。かれらの動画をみることで、こんなふうにはなってはいけないという思いが芽生え、見込みがないポジションを損切りしようと心から思うことができるし、ポジポジ病以上にハイレバレッジトレードはかなり危険だということにも気づける。

ポジポジ病を引き起こしてしまう理由。

ポジポジ病を引き起こしてしまう理由にについて、自分が思いつくだけ書いていこうと思います。

1.とにかく強欲で、金に対する執着心が強い。

2.ここがチャンスと思って、勢いでポジションをとってしまう。

3.ありとあらゆる相場がチャンスに満ちあふれているように見えてしまう。

4.俺がポジるんだから、負けるわけがないという思い込み。

とにかく強欲で、金に対する執着心が強い。

ポジポジ病になる人の約80%がこの理由ではないでしょうか?それほどまでに人の金に対する執着心は強い。

かねがほちいという気持ちが大きく膨らみすぎると、今日もOO円お金をかせがなければと思い始め、適当にポジションを取って、適当にトレードをし始めます。

早く5億円稼いで仕事をやめたい、今日は10万円かせぎたいと思ってしまうと、気づいたらポジションをとってしまいます。このように、金を稼がなければ行けないという義務感をもってしまうと、トレードをしなければいけないという思考になってしまい、ポジポジ病を発症してしまいます。まあ、金に対する執着心が強い人はFXをに不向きなので、FXに手を出さないというのも一つの手だと思いますね。

ここがチャンスだと思って、勢いでポジションをとってしまう。

ここがチャンスだと思って、勢いでポジったら、凄まじい含み損を一瞬で抱えてしまうなんてこともよくあります。このような事態を招かないようにするためにも、ポジションを取る前に、本当にここでポジるのはさいこうのチャンスなのかと冷静になって考えてみてください。FXのトレードにおいては、飛びつく勢いよりも、一度立ち止まって考えてみることもとても大事なことだったりします。

自分が思うに、トレードというのは、連戦連勝で大きく儲けることよりも、いかに失点を少なくするゲームだと思っているので、無理に勝ちに行く必要はないので、ここでチャンスと思っても立ち止まってもいいと思うのです。なんだかんだ、相場で生き残っている人というのは、お金を増やすことがうまいというよりは、損切りがうまい人が多いですからね。

ありとあらゆる相場がチャンスに満ちあふれているように見えてしまう。

ポジポジ病発症中の人は、ヨコヨコ相場だろうが、変化が激しい相場だろうが、ポジれば儲かるチャンスがあると思い、適当に何度もポジり始めます。このように、何度も適当にポジってしまうと、変化の激しい相場で予想を外した時に、一撃で0カットになってしまうというリスクがあるということを忘れてはなりません。常に相場にはリスクが伴うということを頭から抜かないようにしよう。

人間は相場の動きをすべて予想できないので、相場に参加してポジションを取るということはお金を失うリスクにさらされているということになります。この事実に気づくと、いかなる相場でも気をぬかなくなり、クソポジを取る回数が極端に減ります。まあ、糞ポジを取ってしまったら速攻でキレばいいだけなので、そんなに神経質になる必要はなし。

ポジポジ病を治すまでの手順。

ポジポジ病は治したいと思って治るほど簡単な病期ではありませんが、治す方法は普通に存在します。今回はポジポジ病を治す方法について書いていきますね。

1.ポジポジポジりまくって、FXで大損をぶっこきまくる。

2.ハイレバレッジトレードで失敗をして、一撃で資金を失う。

3.ありとあらゆる通貨をいじり倒すが、トレードに失敗し、資金を溶かす。

4.資金を少なめにして、勝てるところだけでエントリーするようにする。

まとめ
FXで痛い目にあって、このトレード方法を変えなければいけないと自分で自覚することこそが、ポジポジ病完治への近道。

ポジポジポジりまくって、FXで大損をぶっこきまくる。

ポジポジしまくって、FXで大損をぶっこきまくることで、無闇やたらにポジションを取ったらいけないという事実に気づくことができます。そのことに気づくと、どのタイミングでポジションを取るのが一番トレードの勝率が高くなるのかということについて考え始め、むやみやたらにポジポジすることがなくなります。

人というのは、一度痛い目に合わないと、自分の頭を使って真剣に考えようとしない生き物なのです。だからこそ、脳をフル回転させて考える習慣をつけるために、一度大きな失敗をしなければいけないのです。一度の失敗で再起不能にならないためにも、捨てても良いお金でFXトレードをするようにしましょう。

ハイレバレッジトレードで失敗をして、一撃で資金を失う。

ハイレバレッジトレードで失敗をして、一撃で資金を失うことで、ポジションを取るときは確実に勝てる場所でしかエントリーしてはいけないということに気づきます。確実に勝てる場所でしかポジらないと心に決意すると、適当に何度もポジる習慣がなくなり、自ずとポジポジ病が完治します。

ハイレバレッジトレードは、大きな枚数でポジションを取ることがいかに危険なのかということを教えてくるので、トレーダーならば、一度はハイレバレッジでトレードをするべきですね。ただ、ハイレバが危険だと知ったのに、お金を短期間でも受けたいという理由だけで、何度もハイレバレッジでトレードを繰り返すのは愚かな行為なので、辞めましょう。

ありとあらゆる通貨をいじり倒すが、トレードに失敗し、資金を溶かす。

ありとあらゆる通貨をいじり倒すことで、通貨毎の動きに詳しくなれますし、トレードで資金を溶かすことで、ポジションを取ることのリスクも知ることもできます。この二つを知ることで、相場で大負けすることもなくなり、着実に利益を積み上げることができる様になっていきます。FXで損することで、学ぶことは多いので、損する=最悪なことばかりではないんですよねえ。

自分もトレードに失敗して、資金をすべて溶かし、FX相場から退場した過去があります。この過去があったおかげで、何をやったら相場から退場するのかを理解することができたので、相場から退場したことをマイナスには捉えていません。

資金を少なめにして、勝てるところだけでエントリーするようにする。

最初はトレードスキルがないので、大金を元手にトレードしても、大金を全額溶かしてしまいます。このような最悪な事態を防ぐためにも、初心者のうちは資金を少なめにして、勝てる確率が高いと自分が思った場所でポジションを取っていこう。常に、勝てるところでポジションを取る習慣をつけるようにすれば、勝てるかどうかわからないところでポジションを取りたいと思わなくなる。

勝てるところでポジションを取るということが習慣化した後は、見込みがないポジションを速攻で切ることをしていくステージにステップアップしよう。

関連記事

カテゴリー

スポンサーリンク




プライバシーポリシー

サイト内容の無断転載厳禁

内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。

 

アクセス解析について

このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。

Googleポリシーと規約
今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。

これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません

Adsense

『FXラボ』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

 

Amazonアフィリエイト

『FXラボ』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

免責事項

このブログは外国為替証拠金取引(FX)の取引情報を提供するのが目的で、FXを推奨するものではありません。FXは元本が保証されないリスクのある投資です。このブログを読んでFXに興味が出た方は、FXのリスクを理解した上でご自身の判断でなさるようにお願いいたします。また、このブログの情報による損失や情報の正確性等において著者は責任を負いかねますのでご了承願います。