ようこそFXラボへ。

FX大損地獄のはじまり。

2017.08.03

FX大損地獄のはじまり。 はコメントを受け付けていません。

FXで毎日お金を儲けようと思い、毎日ポジってしまう人が多いのでしょうか。自分も、毎日コツコツPIPSを溜め込み、一度にドカンとPIPSをはきだしてしまうコツコツドカンをよくやってしまいます。そのドカンが溜め込んだPIPS分を大きく下回ると大損地獄へのはじまりになってしまうので、注意をしましょう。今回はFXで大損地獄にはまらないようにするための対策について、書いていこうと思います。

大損地獄はハイレバレッジから始まる。

あああ、ちまちま少額でやっていていてもFXで全然もうからねえ。これはまじでかったるいわ。→くっそ、国内の25倍レバレッジ業者では億万長者にはなれねえ→10万円で40枚ポジれる海外400倍のハイレバレッジでトレードして、億万長者になるしかない。→アイフォレックスに10万円入金。ドル円40枚ぽじったったでえええ→10分後、資金をすべて溶かす。→くっそ、溶かした資金は10万円再入金して、トレードでとりもどしたると思い、アイフォレックスに再挑戦→10万円を再入金し、トレードするも10分でトレード資金をすべて溶かすことに。このような順序で資金を溶かすはめになるので、トレードスキルがない人が海外業者に手を出したらいけない。

一度ハイレバレッジドレードで資金を溶かしてしまうと、メンタルが崩壊します。当然、メンタルが崩壊すると、トレードを何度しても勝てないのです。だから、一度まけたら、冷静になる意味も込めて、トレードを中止するのは得策と言えるだろう。ただ、勝ちたい、勝ちたいの気持ちが強くなると、FXトレード口座から全額出金できなくなる問題があります。その問題をクリアできさえすれば、FXで勝ち逃げできるようになり、相場で大敗することがなくなる。

適当にスキャルピングをしない。

適当にスキャルピングをしたポイントが大損する可能性があるポイントであることはすくなくありません。このような可能性があるので、適当にスキャルピングをしないようにしましょう。このことを守るだけでもFXトレードで失敗して大損する確率を落とすことができます。それでも、確率を落とすことができるだけで、損切りを身に着けなれば、いずれFXトレードで大損して相場かた退場してしまう。このような現実があるから、相場は甘くないと多くの人から言われてしまうのである。

一度スキャルで大きく損してしまうと、損が恐ろしくなり、スキャルピングの利確が早く、損切りが遅くなりなす。こうなってしまうと、トレードでの失敗が増え、損切りもできなくなり、短期間で資金がなくなっていきます。こうならないようにするためにも、利確を遅く、こまめに損切りする癖をつけていきましょう。

レバレッジ25倍だからといって名一杯ポジるのをやめよう。

レバレッジ25倍でもある程度の枚数をポジれるため、為替が自分の思惑とは逆に動いた場合、大きな損益を被ります。この当たり前のことにも、儲けることに執着しているとなかなか気づけません。FXトレードをするということは、損する可能性があることをしていると自覚することで、名一杯ポジションを取ることがなくなります。

ポジションを名一杯とらなければ、大きな変動で速攻でロスカットになることはありませんし、クソポジと思われたポジションが助かる機会も増えますし、お金を大きく失うリスクがないと思うことで冷静なメンタルでトレードで行うことができます。これら、3つのメリットが存在するため、トレーダーは低レバレッジでトレードを行うべきなのです。

いろいろな通貨をポジる癖をなくそう。

ドル円やユーロ円でさえ、上手に扱えないのに、ドルやユーロより難易度の高い通貨を扱ったら大損をぶっこくのは当たり前なので、最初はドル円かユーロ円のどちらか一方に絞ってトレードをすることをおすすめします。とにかく、初心者が変動が激しいポンド円に出したら、お大損をぶっこいて再起不能になるだけなので、絶対に初心者はポンド円にだけは手をだしてはいけません。

特に、南アフリカランド円やスイス円やNZドル円やオーストラリアドルなんかもドル円やユーロ円とくらべると、為替の動きを予想するのが難しいので、FXトレード初心者は手をだしてはいけません。ただ、これはあきららかに買われ過ぎだなあというときは、普段トレードしていない通貨を利用するのもありなのではないでしょうか?

スプレッドが狭いFX業者を利用しよう。

スプレッドが狭いと=早く損切りすれば、ほぼダメージ0になるので、躊躇なく損切りを行うためにも、スプレッドが狭いとされるFX業者を利用するのが得策。スプレッドが狭いということは利益を出す上でも、最初から利益が2PIPSほど加算されていると捉えることができるので、スプレッドは狭いにこしたことはないです。

外為ジャパン

外為ジャパンはドル円0.7、ユーロ円0.5とスプレッドが狭くなっている業者。外為ジャパンのような低スプレッド業者でのトレードに慣れてしまうと、海外の広いスプレッドでトレードをしようという気持ちにはなれなくなります。そのせいか自分がFXトレードで使うのはほとんが国内業者です。

最後に

FXで大損を喰らわないためにはこまめな損切りが大切。

関連記事

カテゴリー

スポンサーリンク




プライバシーポリシー

サイト内容の無断転載厳禁

内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。

 

アクセス解析について

このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。

Googleポリシーと規約
今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。

これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません

Adsense

『FXラボ』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

 

Amazonアフィリエイト

『FXラボ』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

免責事項

このブログは外国為替証拠金取引(FX)の取引情報を提供するのが目的で、FXを推奨するものではありません。FXは元本が保証されないリスクのある投資です。このブログを読んでFXに興味が出た方は、FXのリスクを理解した上でご自身の判断でなさるようにお願いいたします。また、このブログの情報による損失や情報の正確性等において著者は責任を負いかねますのでご了承願います。