ようこそFXラボへ。

ニュージーランドドル(NZドル)円の恐怖の下げ。2017年8月10日。

2017.08.12

ニュージーランドドル(NZドル)円の恐怖の下げ。2017年8月10日。 はコメントを受け付けていません。

今週は(NZ) ニュージーランド準備銀行(RBNZ、NZ中央銀行)政策金利が予想1.75%、結果1.75%をうけて、ニュージーランドドル(NZドル)円が80.3から81.093まで上昇するという結果に。その後、RBNZのお偉いさんが、NZドル円は値段が高すぎるから、もっと安くなれよという発言を受けて、81.093から80.3まで速攻で下落。その後も下落が止まらズ、80.3から79.8まで下落。ここで、NZドルの底かと思われたが、NZドル円の下げは止まらず、79.8から79.1まで下落。

自分のNZドルとの恐怖体験。

自分もNZドル80.3が底だと思い、80.3Lをポジる。その40分後、NZどるから80.1にまで下落し、含み損20PIP を抱える。NZドル円で含み損20PIPSを抱えるも、まだ戻ってくるだろうと思い、損切りしないでいたら、NZドル円が79.9に下落し、含み損が40PIPSに拡大するはめに。ここで、この下げはあかんやつだと思い、含み損40PIPS時に損切り。その後、自分の思惑通り、NZドルが79.1まで下落することに。79.1まで落ちた後は、鬼のリバウンドで、79.9まで回復。

総括。

こういうトレンド相場があるので、むやみやたらに逆張りをしないほうがいいなといういい勉強になりました。これからは、根拠がないところで適当に逆張りをしないようにしよう。

NZドル円の下げでユーロ円とドル円も下落。

NZドル円の下落につられて、ユーロ円は2円下落、ドル円は1.5円下落することに。この結果を受けて思ったのは、いつものレンジ感覚で、一円動いたから逆張りをしていたら、あっというまに半端ない含み損をかかえてしまうので、逆張りなんかせず、常に順張りトレードに徹するべきだなと。後、こういうおぞましいトレンド相場でやられたときのことも考えて、低レバレッジトレードに徹することもとても大事なのだなということにきづけましたね。

NZドル円をトレードするならDMMFX一択。

自分もNZドル円をトレードするときは、DMMFXを利用しています。その理由は、自分がポジションを取りたいレートで、ポジションをプツことができる+スプレッドがドル円0.3、ユーロ円が0.5と狭い+出金までのスピードが早い+トラブルサポートがしっかりとしているから。ちなみに今現在DMMFXでは、最大20000円のキャッシュバックを開催しています。

DMMFXの口座開設はこちらから→DMM FX


関連記事

スポンサーリンク




プライバシーポリシー

サイト内容の無断転載厳禁

内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。

 

アクセス解析について

このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。

Googleポリシーと規約
今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。

これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません

Adsense

『FXラボ』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

 

Amazonアフィリエイト

『FXラボ』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

免責事項

このブログは外国為替証拠金取引(FX)の取引情報を提供するのが目的で、FXを推奨するものではありません。FXは元本が保証されないリスクのある投資です。このブログを読んでFXに興味が出た方は、FXのリスクを理解した上でご自身の判断でなさるようにお願いいたします。また、このブログの情報による損失や情報の正確性等において著者は責任を負いかねますのでご了承願います。