ようこそFXラボへ。

ロングポジションでFXトレードに勝つ。

2017.10.03

ロングポジションでFXトレードに勝つ。 はコメントを受け付けていません。

ロングポジションを持つ=相場がこれ以上下がらないと思い買う、相場が上昇しているときに流れに逆らわないで買うことを指します。FXでロングポジションを持って勝つときに確実なのは、相場が上昇しているときに素直に買う[順張りトレード]を行うことで、確実性はないが利益がでかいのが、相場がこれ以上下がらないと思い買う[逆張りトレード]を行うこと。

自分の場合は、逆張りは勝率があまり高くないので、順張りトレードをメインとして行っているおり、トレード勝率もトレード収支もそこそこ良い。まあ、逆張りでも、トレード収支を+にすることは可能ですが、どんな相場にも対応できる順張りのほうが確実なので、順張りをメイントレード手法として扱っていますね。今回はロングポジションでFXトレードで勝つをテーマにして記事をかいていきたい。

一番大事なのは相場状況に応じて、ロングでもショートでも攻められる柔軟性が大事。

FXで生き残るには、相場状況に応じて、ロングでもショートでも攻められるように、柔軟な思考を持っておくことがかなり重要なのは、いうまでもない。そうはいっても、常にロングポジションを所有してトレードしていると、ショートポジションを持つことに対して違和感を背負ってしまうんですよねー。

ロングポジションを所有している時に気をつけておきたいこと。

1.どんな上昇相場でも、調整があるので、永久にロングポジションで勝つのは難しい。

超アゲアゲモードでガンガン上げている相場でも、いづれ大きな調整がくるので、永久にロングポジションでは勝てない。この事実があるので、ある程度相場が大きく上昇したらショートポジションで攻めることを考えておこう。

2.超上昇相場が訪れたら、アホになってロング。

凄まじい勢いで上昇していく相場時に、ショートポジションを保有してしまうと、あっという間に多額の含み損をかかえてしまいます。そうなりたくなければ、上昇相場では、アホになってロングポジションを保有するのが得策と言えるでしょうね。

3.底なし沼時にロングポジションを持つのは超危険。

FXでは底なし沼と呼ばれる下げ相場が存在しており、底なし沼下げ相場が到来しているときにロングポジションを保有してしまうと、一日で300PIPS以上の含み損を抱えてしまいます。こういう事態を防ぐには、下げているときには売るという順張りトレードを心がけていくことが大事になっている。

4.天井ロングに注意。

50PIPS~100PIPS上昇しているときにロングポジションを持ってしまうと天井ロングになってしまう場合があるので、ある程度為替が変動しているときは、ポジションをとらずに様子見することも大事になってきます。

5.スワップポイント目的でロングポジションを大量に保持に注意。

FX初心者の場合、スワップポイント目的でロングポジションを大量に保持するという選択をとる。そんな時に限って、為替が突然大幅下落してしまい、一撃で大きな含み損を抱えてしまいます。こういう恐ろしい事態が普通におこるのがFXなので、常に痛い目にあう可能性があるということを頭に入れてポジションを取るようにしましょう。

6.適当にロングポジションを取る。

なにも考えずに、ロングポジションを取ったときに、利下げイベントが到来して為替レートが大きく下げると、あっという間に大きな損益を被ることになってしまいます。こういう目にあいたくなければ、適当にロングポジションを保有することだけは辞めておこう。

最後に、

ロングポジションを持つことに関しての見解について、書かせて頂きました。

自分が利用しているFX会社

口座開設はこちらから→DMM FX

口座開設はこちらから→GMOクリック証券

口座開設はこちらから→外為ジャパン

関連記事

スポンサーリンク




プライバシーポリシー

サイト内容の無断転載厳禁

内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。

 

アクセス解析について

このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。

Googleポリシーと規約
今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。

これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません

Adsense

『FXラボ』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

 

Amazonアフィリエイト

『FXラボ』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

免責事項

このブログは外国為替証拠金取引(FX)の取引情報を提供するのが目的で、FXを推奨するものではありません。FXは元本が保証されないリスクのある投資です。このブログを読んでFXに興味が出た方は、FXのリスクを理解した上でご自身の判断でなさるようにお願いいたします。また、このブログの情報による損失や情報の正確性等において著者は責任を負いかねますのでご了承願います。