ようこそFXラボへ。

FXで勝ち逃げすることについて。

2017.08.07

FXで勝ち逃げすることについて。 はコメントを受け付けていません。

FXで利益を出すことができると、まだもうかるんじゃないのか?、永遠に利益を出すことができるのではないのか?という思いから、口座からお金を出金することができなくなってしまいます。こんなメンタルを持っているうちは当然、FXで、勝ち逃げすることはできません。じゃあ、FXで勝ち逃げするためには何が必要なのか?についてかいていきます。

FXで勝ち逃げする上で重要なこと。

1.FXをトレードをゲーム感覚で、行う。

FXはお金を儲けるためにやっているという考えをもっていると、お金を儲けたいという気持ちに支配されてしまい、トレードを平常心で行うことができません。当然、不安定なメンタルで行ったトレードでは、損切りや利確がうまくできず、損まみれになる未来しかありません。このような未来を引き起こさないようにするには、FXトレード時はお金を儲けたいという気持ちを捨てて、FXというゲームをやっているんだという気持ちをもってトレードをするようにしましょう。FXをただのゲームだと思えば、トレード時の利益確定や損切りが上手くできるようになります。

2.トレードにはリスクがつきものだということを知る。

トレードはデンジャラスで、自分の資金を溶かす恐ろしいものだという認識をもっておく。この認識をもっておくだけで、慌ててとった糞ポジを損切りすることができるようになり、一度のトレードで相場から退場することがなくなります。そうはいっても、人の心は簡単にコントロールできるものではないので、損切りをスムーズにできずに、大損をぶっこいてしまうことがあるのです。まあ、それも含めて、トレードだということを頭に入れておれておきましょう。

3.FXで勝ち逃げできなければ、時間を無駄にしただけだということに気付こう。

FXで勝ち逃げできなければ、トレードに費やした時間はすべて無駄になっているという当たり前のことに気付こう。このことに気づくと、FXである程度利益を出すことができたら、しっかりとFX口座から出金して、勝ち逃げしようという思考になります。本当に、トレードで10マン以上負けてしまうと、俺がFXに費やした時間はなんだったのだろうかと本気で思うようになります。まあ、トレードで大損ぶっこくのも、いい経験なので、すべてがマイナスというわけではないですが。

4.FXは投資ではなく、ギャンブル。

FXはギャンブルで、かつ時もあれば、負けるときもある危険なものと思っておきましょう。そう思っておくことで、トレードに負けた時、スムーズに出金する選択をとることができます。誰だって、負ける可能性があるとわかっていたら、勝った時点でトレードをやめて、勝ち逃げしてやろうという選択をとりますからね。ここで一つ言えることは、勝ち逃げする選択肢は俺にはないと思っている人はFXトレードに向いていないので、トレードをしないほうがいいかもしれません。

5.FXで勝ち逃げを目的にトレードをする人はスプレッドが狭いFX業者を利用しよう。

通貨のスプレッドが狭いだけで、利益がでる確率が高くなりますし、儲かる額もスプレッド分増えるメリットがあるので、スプレッドが狭いFX業者であるDMMFXや外為ジャパンの口座を利用してトレードするのが得策といえるでしょう。スプレッドが狭い口座で、数PIPS抜いて、口座から全額出金して、FXで勝ち逃げすることも一つの戦略となるとなると思うので、頭の片隅においておくのもあり。とにかく、FXで利益を出したいならば、出金する癖をつけておくことだね。

6.FXで勝ち逃げするにしても、トレードで扱うお金は命金ではなく、余剰資金で行おう。

命金でトレードをすると、損してはいけないという気持ちが生まれてしまい、冷静なメンタルでトレードをおこなうことができなくなり、損切りも利確も上手くできなくなります。このような恐ろしい事態をふせぐために、トレードで扱うお金は余剰資金に限定しておこう。当然のことですが、余剰資金でトレードすれば、金に対する執着心が0になるので、損切りと利確をきちんと行うことができ、順調に資金をふやすことができます。順調に資金を増やした、FX口座から全額出金して勝ち逃げしよう。

7.ハイレバレッジでトレードで一勝したら、絶対に出金すること。

ハイレバレッジトレードで大きく勝利したら、口座に入っているお金を全額出金してトレードを辞めよう。そうすれば、大きな金を得たままトレードを終えることができ、自分の大切な資金を失うこともありません。自分の意見を言わせていただくと、何回も連続してハイレバレッジトレードがうまくいくことはほとんどないので、ハイレバでトレードがうまくいったら、メンタルを落ち着かせるいみも込めて、FX口座から全額お金を引き出すというのも選択としてはありだと思うのです。

FXで勝ち逃げしなければいけない理由。

1.毎日、トレードしなければいけないという義務感はかなりのストレスを生み出すから。

FXで勝ち逃げして、全額出金をすれば、トレードしたくても、トレードできない状態になりなり、トレードをしなければいけないという義務感から開放されます。この義務感から開放されれば、毎日相場のことを考えずに生きることが可能になり、ストレス皆無の生活を送ることができます。自分自身の勝手な主張を言わせてもらうと、FXトレードは労動をすることよりもストレスがたまります。

2.FXトレードで大きなミスをする前に、FXトレードをやめれば、だれでもお金を稼げるから。

FXトレードで勝率100%はどんな人でも無理で、誰しもがトレードで一度は損をします。この事実をきちんと直視して、FX1勝したら、自分のFX口座から全額出金して、トレードで損することから逃げよう。さすれば、誰でも、FXトレードでお金を増やすこおが容易になります。ただ、トレードの調子がいいと、まだ勝てるんじゃないのかという思いからトレードをやめられないというのが、あるんですよね。

3.FXに関わらず、勝ち逃げする習慣はつけておいたほうがいいよということ。

FXにかかわらず、ビジネスでも損する前に事業を撤退させることができれば、自分の手元に多額の現金を残すことができます。言い換えれば、今は損する可能性が高いから一時的にビジネスから撤退して、儲けれる可能性が高いビジネスモデルをみつけたら、再度ビジネスに参入すると捉えるということ。

4.人間は基本的に一つことに集中できないから。

ほとんどの人間はFXに夢中になると、FX以外のことに手がつかなくなります。当たり前のことですが、他にやりたいことがあるのに、FXしかできていないというのは、何かと不便ですからね。まあ、FXトレードで勝ち逃げしてしまえば、トレードをしなくても済むので、FXにしか集中できないという状態を打開できるのですが。

5.勝ち逃げすることで、トレードで熱くなった心を冷やすことができる。

FXトレードで勝利すると、また儲けたいという気持ちが強くなり、心が熱くなります。この心があつい状態でトレードすると、とるべきではない場所で、ポジションをとってしまい、大損を抱えてしまうことに。こうならないようにするために、FXトレードで勝利したら、儲けたいという気持ちを減らす意味も込めて、トレード口座から全額出金しよう。

最後に、

FXの本質は勝ち逃げにある。

自分が利用しているFX会社

口座開設はこちらから→DMM FX

口座開設はこちらから→GMOクリック証券

口座開設はこちらから→外為ジャパン

関連記事

スポンサーリンク




プライバシーポリシー

サイト内容の無断転載厳禁

内容を引用する際は引用である旨の表記と当サイト該当記事へのリンクを必ず明記してください。

 

アクセス解析について

このブログではGoogle Analyticsを使った個人を特定しない形でのアクセス解析を行っております。クッキーによりログを収集し、Google社のプライバシーポリシーに基づいて個人を特定する情報を含まずに管理されます。

Googleポリシーと規約
今後のブログ運営のために「ユーザー属性とインタレストカテゴリに関するレポート」機能を使用しております。これにより、本サイト運営者は、Google社のインタレストベース広告のデータや第三者のユーザーデータ(年齢、性別、興味や関心など)を基に、本サイトの利用者の属性情報(年齢、性別、興味や関心など)の傾向を把握することができます。

これら情報には、個人を特定出来る情報は含みません

Adsense

『FXラボ』では、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

 

Amazonアフィリエイト

『FXラボ』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

免責事項

このブログは外国為替証拠金取引(FX)の取引情報を提供するのが目的で、FXを推奨するものではありません。FXは元本が保証されないリスクのある投資です。このブログを読んでFXに興味が出た方は、FXのリスクを理解した上でご自身の判断でなさるようにお願いいたします。また、このブログの情報による損失や情報の正確性等において著者は責任を負いかねますのでご了承願います。